ぷらいべえとを楽天ポイントで購入ならコチラです

非常になつかしいです。今はレコードプレーヤーも手放したので、又購入して聞いております。その「カバーアルバム」の先駆けは、この吉田拓郎の「ぷらいべえと」だったんじゃないかな、と記憶してます。

イマが買い時♪

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

ぷらいべえとぷらいべえと [ 吉田拓郎 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

現在となっては、徳永英明だったり、コブクロだったり、倖田來未だったり……いろんなアーティストが普通にカバーアルバム出しますよね。拓郎さんが他の歌手に提供した楽曲をセルフカバーしているのはもちろん、それに加えて拓郎さん自身が歌いたかった楽曲も収録されています。「やさしい悪魔」が聴きたくて買いました。やっぱりこれは聞いておかないといけない1枚です。フィードバック(エコー)だ」とちょっと苦しい言い訳をしたというエピソードが!当時のフォーライフ社長の小室等さんが司会をされていた「音楽夜話」というFMラジオ番組で語られていたのを懐かしく思い出しました。この曲、あの曲、拓郎が歌うとこんなになるんだ。当時は、フォーライフレコードに対するものも含めて、既存メジャーレーベルやメディアからの風当たりがかなり強かったようですよ。拓郎さんのボーカルにかなりエコーがかかっていて、メディアから「エコーかけすぎじゃないの?」と批判され、「あれはエコーじゃない。母に頼まれて購入しました。発送などは全く問題ありませんでした。最近昔を懐かしみフォークソングが気になり石原裕次郎キャンディーズをカバーしたこのアルバムが記憶に残っており購入したが、やっぱり想像通り最高のアルバムでした。「ルームライト」「メランコリー」はいいですねぇ。吉田拓郎の昔の曲です。昔学生の頃レコードで聞いていました。昭和の時代を懐かしく思い出しながら聴いています。昔はレコードをテープに録音してよく聞いていましたが、久々に聞きたくなり購入しました。。でも紙ジャケット仕様か・・・・。後1個の在庫でした、ほしかった物ですので大変嬉しいです、又お願いします。